ボーナス 使い道

ボーナスの使い道について

ボーナスはうれしい

ボーナス無しにはやっていけない
「水は方円の器に随う」と言う諺があります。「みずは ほうえんの うつわに したがう」と読みます。 その意味は「四角い器に水を入れれば水も四角い形になり、丸い器に水を入れれば水も円形になる。転じて、人も環境や付き合う人物いかんで良くも悪くもなるということ」です。 つまり、ボーナスも無ければ使わないけど、あればそれなりに全部使ってしまう、と言うことです。(ちょっと違うか?) その使い道ナンバーワンはいつも貯金ですが、それでも100%貯金する分けではないでしょう。ボーナスの内、ウン万円は貯金をする、という感じなのではないでしょうか。 ボーナスの使い道調査も、貯金、旅行、ローンの返済、などという順位ではなくて、貯金に何%、旅行に何%、ローンの返済に何%などとするべきだと思っています。 ボーナスの使い道ナンバーワンは貯金だと言われても自分だって貯金は少しくらいならしてるよ、となるのでせっかくの情報も意味が無いと思うのです。 何を言っているのかというと、ボーナスで貯金は少しはしています。でも大半はローンの返済で消えてます、という自分に腹立たしいのかも知れません。

ボーナスの使い道で一番は住宅ローンのボーナス払いです。それで大半が消えていってしまいます。 うちの会社では給料やボーナスに第二振込口座が指定出来るのですが、それを使って住宅ローンのボーナス払い分は別口座に振り込んでいて、そこからはすぐに下ろせないようにしています。(カードを作ってない) 住宅ローンのボーナス返済に支障が出ると取り返しがつかないことになります。それは社会人としては当然注意しなくてはいけないことなのでしょうが、自分に自信がない人は自分を信じずに別口座管理することをお勧めします。 で、ボーナスが出ると住宅ローン分はごっそり別口座に移るわけですので、普段使う口座にはホント雀の涙くらいしか振り込まれてきません。少ないボーナスだなあといつも思います。 毎月の給料も同じようにしていますので、お陰さまで住宅ローンの返済トラブルは何とか防いでいるというのが、唯一の救いでしょうか。

さらに他にもローンの返済があります。クルマのローンです。 以前持っていたクルマのローンを組んだ時に、ボーナス時10万円としたので、それも別口座行きです。住宅ローンとクルマのローン、合わせてウン10万円はボーナスが出ても自動的に別口座に移ったあと、どこかに消えていってしまうのです。 もうボーナスと言っても暫くは小遣い程度しか無い時期もありました。苦しかったな-。ま、それは気分的なもので、その時にはもうボーナスなんか無いものと思い込もうとしていたので、それはそれで良かったと思います。 無いものは無い。使おうにも無いわけですから、ある意味話は簡単です。じっと我慢の生活です。

でもある時、クルマのローンが終わりました。これは嬉しかった。さすがに住宅ローンと比べるとクルマのローンは3年とか短いので、ボーナスゼロ感覚に慣れてきた頃、クルマ分のボーナス10万円が突然フリーとなったのです。 この10万円をどうするか、ワクワクしながら考えました。 貯金に回すかとも考えましたが、実は最初から決めていたと思います。全部使おうと。と言っても根性なしなので、少しだけは貯金にまわしてあとは使うことにしたんです。 これまで我慢していた反動か、温泉旅行に行きまくりです。と言っても1-2回くらいしか行きませんでしたが、やっぱりボーナスはいいなーと思った瞬間でした。 こんな生活がこれからもずっと続いたらいい、とも思いました。 そうなんです。「水は方円の器に随う」です。

会社生活が始まった時、私のように実家を離れてアパート生活を始めた人と、自宅から通っている人に大きな差を感じたことがありました。 当然ですが、同じ給料・ボーナスを貰っていても生活コストが全然違います。アパート生活では家賃や生活費が一声10万円以上掛かるので特に給料も安い新人の頃はその差はとても大きく感じるものでした。 そんな時、通いの人の中に給料全額貯金しているという人がいたんです。これには参りました。 自分も最初は貯金をしなくてはとその後の人生に希望を抱いていた訳ですが、それが一気に崩れました。これは敵わないと。 でも、さすがに貯金ゼロはマズイだろうとは思ったので、少ないですが給料天引きの貯金は始めたのです。それはボーナス時も同じく天引きだったのですが、気が付けばそれが少しの額になっていました。 これまでいろいろ無駄遣いをしてきましたが、毎月・ボーナスで少しずつしていた貯金が、実は今では気持ちの支えになっているのに驚くとともに、額は少ないけど貯金していて良かったと思う瞬間です。 貯金の大切さに気付くのはもう遅い時なのかも知れません。